【Python入門】Pythonと関数-関数における可変長引数-

Python

ここでは、Pythonの関数における可変長引数について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

可変長引数の型

#可変長引数の型
def 関数名(*関数名):
 #処理内容

関数名(値1,値2,値3...)

可変長とは引数の数を変更できるものを指します。変数名の前に「*」を付けることで可変長引数となります。

可変長引数を用いた使用例

#可変長引数を用いた使用例
def test(*test):
 sum = 0
 for i in test:
    sum += i
 return sum

print(test(55,67,80,90))
print(test(43,53,62,77,99))#出力結果は以下の通りです。

#292
#334

上記のプログラムは任意の引数の値を合計するものです。引数の長さが変わったものでも「*」を用いることで関数として動くことが確認できます。

タイトルとURLをコピーしました