【Python入門】PythonとList-要素の追加(+演算子)-

Python

ここでは、Pythonにおける異なるList同士の結合方法(+演算子)について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

+演算子の型

#+演算子の型
変数名X = [数値("文字")X1,数値("文字")X2,....,]
変数名Y = [数値("文字")Y1,数値("文字")Y2,....,]
変数名Z = 変数名X + 変数名Y

異なるList同士を「+」演算子を用いて追加(結合)できます。

+演算子の型を用いた使用例

#+演算子の型を用いた使用例
first_test = [55,70,90]
second_test = [60,80,93]
result = first_test + second_test
print(result) #出力結果は「[55, 70, 90, 60, 80, 93]」です。

上記の出力結果は「[55, 70, 90, 60, 80, 93]」です。追加したい要素が加わっていることが確認できます。

タイトルとURLをコピーしました