【Python応用】Pillowを用いた画像のトリミング方法

Python

ここでは、Pillowを用いた画像のトリミング方法について解説しています。

この記事の対象

  • Pythonで画像加工に挑戦したい方
  • Pythonで画像をトリミングしたい方
  • cropメソッドについて知りたい方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

行ったこと

【Python応用】指定したサイトの画面をキャプチャする方法」のキャプチャした画像をトリミングして保存してみました。

Image.cropの型

Image.crop(box=None)

Pillowでトリミングする際は、「crop」メソッドを使用する必要があります。引数は「left,upper,right,lower」になります。

プログラム

from PIL import Image
from selenium import webdriver

#1---urlの指定
url = "https://music.line.me/webapp/today"
#2---ドライバを得る
browser = webdriver.PhantomJS()
#3---ロードされるまでの待機時間
browser.implicitly_wait(3)
#4---URLを読み込む
browser.get(url)
#5---キャプチャして保存
browser.save_screenshot("cap_site.png")
#6---ブラウザを終了
browser.quit()
#7---画像を開く
img = Image.open('cap_site.png')
#8---トリミング
img_tri = img.crop((60, 20, 400, 200))
#9---画像を保存
img_tri.save('re_cap_site.png')

上記がプログラムになります。

ここでは、1~6の解説はしませんので、詳細はこちらを参照して下さい。

それでは解説していきます。

#7---画像を開く
img = Image.open('cap_site.png')

7の部分では、キャプチャした画像を開いています。

#8---トリミング
img_tri = img.crop((60, 20, 400, 200))

8の部分では、トリミングのサイズを指定しています。引数は順に「left, upper, right, lower」になります。

#9---画像を保存
img_tri.save('re_cap_site.png')

最後に保存して終了です。

結果

左側はトリミングしなかった場合のキャプチャ、右側はトリミングした結果になります。

キャプチャした画像をトリミングできました。

タイトルとURLをコピーしました