【Python入門】文字列の連結と結合(+演算子、join()メソッド)

Python

ここではPythonにおける文字列の連結と結合(+演算子、join()メソッド)について解説しています。

文字列を連結、結合する方法として演算子(+)とjoin()メソッドを使用する方法があります。演算子を用いる場合は型を揃えて連結する必要があります。

この記事の対象

  • 文字列の連結、結合方法を知りたい方
  • Join()メソッドについて知りたい方
  • 連結、結合時の注意点を知りたい方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

+演算子を用いた連結、結合

文字列同士の連結、結合

文字同士を結合する方法に演算子「+」があります。

数値の合算と同じように文字同士を結合可能です。

#文字列同士の結合
moji = "hoge" + "hoge"
print(moji) #出力結果は「hogehoge」です。

変数の中が文字列同士の連結、結合

#変数同士の結合
moji1 = "hoge"
moji2 = "hoge"
moji = moji1 + moji2
print(moji) #出力結果は「hogehoge」です。

変数の中が文字列同士の結合も同様です。

join()を用いた連結、結合

join()の型

#join()の型
"連結に用いる文字".join(Listなど)

括弧の中はListやTuple、集合型などを指定します。

join()の使用例

#join()の使用例
moji = ["mo","ji","re","tsu"]
print("".join(moji)) #出力結果は「mojiretsu」です。

「” “.join()」連結に用いたい文字を空欄にすることが可能です。その結果、上記では「mojiretsu」になります。

タイトルとURLをコピーしました