【Python入門】Pythonと制御構文-while構文-

Python

ここではPythonにおける制御構文、「while構文」について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

while構文の型

#while構文の型
while 条件式:
 #繰り返し処理
else:
 #while終了後の処理

while構文は条件式を単純に繰り返す構文です。whileを終えたらelseを用いてwhileが抜けた処理(False)を示すことが重要です(終了条件の定義)。while構文の条件式がTrueの場合や記述ミスで永遠とプログラムが処理を続ける場合は、強制終了させる必要があります。

強制終了は[Ctrl]+[C]キーになります。

while構文を用いた使用例

#while構文を用いた使用例
count = 5
while count > 0:
 print(count)
 count -= 1;
else:
 print("End")

上記のプログラムは5から1までの数値をcountするものです。0になるまで処理を繰り返すプログラムとなっています。1までcountしたら最後の処理として「End」を出力する内容となっています。

タイトルとURLをコピーしました