【Python入門】PythonとDict型-Dict型の取り扱い方法-

Python

Pythonでは変数を取り扱うとき、List型とDict型として値を格納する方法があります。ここでは、Pythonにおける「Dict」について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dict(辞書型)とは

複数の値を1つの変数で管理する方法には「List」と「Dict」があります。Listが値を参照するのに対して、Dictでは文字列を参照します。辞書が単語から意味を調べることからDict(辞書型)と言われます。

Dictの型

#Dictの型
変数 = {"文字列1":値1,"文字列2":値2,"文字列3":値3 .....}

文字列と値を指定して紐付けます。ここで注意してほしい点は、入力した要素の順番は保持されないことです。

Dictを用いた使用例

#Dictを用いた使用例1
test = {"Math":60,"English":80,"Science":77}
print(test) #出力結果は「{'Math': 60, 'Science': 77, 'English': 80}」です。

出力結果は「{‘Math’: 60, ‘Science’: 77, ‘English’: 80}」です。

辞書型における値の参照方法の例は以下の通りです。

#Dictを用いた使用例2
test = {"Math":60,"English":80,"Science":77}
print(test["English"]) #出力結果は「80」です。

辞書型なので、値を参照するには「文字」を指定する必要があります。

Dictの操作

Dictの操作について以下にまとめました。

項目内容
要素の列挙辞書型における要素を列挙する方法(keys()メソッド)について解説しています。
要素の並び替え辞書型における要素の並び替え方法(sorted()メソッド)について解説しています。
値一覧の取得辞書型における要素の値の一覧を取得する方法(values()メソッド)について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました