【Python入門】PythonとModule

Python

ここでは、Pythonにおける「Module」について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Moduleとは

「Module」とは複数のfileにプログラムを分ける機能です。スクリプトが書かれた1つのfileを1つのModuleとして扱います。

Pythonには標準Moduleが備わっており、乱数の生成、日付の取得、数学的な計算などの便利なものが多くあります。公式サイトにLibraryとしてまとめてあります。

Moduleの型

#Moduleの型
import module名

スクリプトの冒頭に「import」と記述して、その後ろにmodule名を記述することで利用できます。また、moduleにおける特定の要素だけを利用したい場合は、以下のように記述します。

#特定要素の取込み
from module名 import 要素名1,要素名2...

「as」でModule名を任意の名前に変更

import文では「as」を用いるとModule名を任意の名前に変更できます。

#asを用いた名前変更
import random as ram

「random」を「ram」と変更しました。よって、使用するときは「ram.***()」となります。

Moduleを用いた使用例

#Moduleを用いた使用例
import random

result = random.getrandbits(5)
print(result)

上記のプログラムは「random」をimportして疑似乱数を生成するものです。「random.getrandbits(k)」はk桁の乱数ビットで Python の整数を生成し、返すModuleです。上記は5桁にしています。

組み込み関数

importをしなくても使用できる標準的な機能として「組み込み関数」というものがあります。これは「print()」「range()」「sum()」「str()」などがあります。これは直接記述することで使用できます。

組み込み関数一覧

abs()delattr()hash()memoryview()set()
all()dict()help()min()setattr()
any()dir()hex()next()slice()
ascii()divmod()id()object()sorted()
bin()enumerate()input()oct()staticmethod()
bool()eval()int()open()str()
breakpoint()exec()isinstance()ord()sum()
bytearray()filter()issubclass()pow()super()
bytes()float()iter()print()tuple()
callable()format()len()property()type()
chr()frozenset()list()range()vars()
classmethod()getattr()locals()repr()zip()
compile()globals()map()reversed()_import_()
complex()hasattr()max()round()

その他、Moduleを用いた使用例

項目内容
os.path.getsizeを用いたデータサイズの取得os.pathモジュールを用いると任意のデータのサイズを取得することが可能です。ここでは画像のサイズを取得する方法を用いて解説しています。
glob()を用いたフォルダ内のファイル名の取得方法glob()関数を用いることで、任意のファイル名を一覧で取得することが可能です。ここではフォルダ内にあるcsvファイルを取得する方法について解説しています。
os.renameを用いたファイル名変更ファイル名を変更したい場合、os.renameを用いることで可能です。ここでは、os.renameを用いた指定したファイル名を変更する方法について解説しています。
【初学者向け】random関数を用いた疑似サイコロの作成リンク先ではPythonの勉強を始めたばかりの初期に取り組むことが多い、疑似サイコロの作成方法について解説しています。
複数のファイルを移動させてフォルダを整理するプログラムリンク先ではPythonにおいて、複数のファイルを任意のフォルダに移動させるプログラムについて解説しています。
フォルダ内にある複数のzipファイルを解凍する方法リンク先ではPythonにおけるzipfileを用いて複数のzipファイルを解凍する方法について解説しています。

タイトルとURLをコピーしました