【Python応用】PythonとNumPy-eyeを用いた単位行列の作成方法-

Python

ここではNumPyにおけるeyeを用いた単位行列を作成する方法について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本的な型

numpy.eye(N,dtype=<class float>)

基本的な単位行列の生成する方法は、Nに出力の行数、dtypeにデータ型を指定することで可能です。

使用例

import numpy as np
np_int = np.eye(5, dtype=int)
print(np_int)

引数に5(5次の単位行列)、intを指定すると結果は以下のようになります。

[[1 0 0 0 0]
 [0 1 0 0 0]
 [0 0 1 0 0]
 [0 0 0 1 0]
 [0 0 0 0 1]]

identityを用いた単位行列生成

単位行列を生成する方法には「identity」を用いる方法もあります。

import numpy as np
np_int = np.identity(5)
print(np_int)

使用方法としてはeyeと一緒で引数に数値とデータ型を指定するだけです。ここではデータ型はデフォルトのままなのでfloat型として出力されています。以下が、結果になります。

[[1. 0. 0. 0. 0.]
 [0. 1. 0. 0. 0.]
 [0. 0. 1. 0. 0.]
 [0. 0. 0. 1. 0.]
 [0. 0. 0. 0. 1.]]

タイトルとURLをコピーしました