【Python入門】文字列の小文字/大文字変換-lower()、upper()-

Python

ここではPythonにおける文字列を小文字→大文字、大文字→小文字に変換する方法(lower()、upper()メソッド)について解説しています。

この記事の対象

  • 小文字→大文字の変換方法を知りたい方
  • 大文字→小文字の変換方法を知りたい方
  • lower()、upper()について知りたい方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全ての大文字→小文字に変換(lower())

lower()の型

#lower()の型
"文字列".lower()

「”文字列”」に任意の文字列を代入することで小文字に変換されます。

lower()を用いた使用例

#lower()を用いた使用例
moji = "MOJIRETSU"
print(moji.lower()) #出力結果「mojiretsu」

上記の結果は「mojiretsu」です。

全ての小文字→大文字に変換(upper())

upper()の型

#upper()の型
"文字列".upper()

「”文字列”」に任意の文字列を代入することで大文字に変換されます。

upper()を用いた使用例

#upper()を用いた使用例
moji = "mojiretsu"
print(moji.upper()) #出力結果は「MOJIRETSU」です。

上記の出力結果は「MOJIRETSU」です。

小文字の判定(islower())

islower()の型

#islower()の型
"文字列".islower()

「”文字列”」が全て小文字であるかどうかの真偽の判定ができます。

islowerを用いた使用例

#islower()を用いた使用例
moji = "mojiretsu"
print(moji.islower())
#True

文字列中の大小文字の区別のある文字が全て小文字であればTrueでそれ以外はFalseになります。

大文字の判定(isupper())

isupper()の型

#isupper()の型
"文字列".isupper()

「”文字列”」が全て大文字であるかどうかの真偽の判定ができます。

isupper()を用いた使用例

#isupper()を用いた使用例
moji = "Mojiretsu"
print(moji.isupper())
#False

文字列の全ての文字が大文字であればTrue、そうでなければFalseになります。

タイトルとURLをコピーしました