【Python応用】openpyxlを用いたExcel操作-概要-

Python

ここでは、Pythonにおける「openpyxl」を用いたExcel操作する方法について初学者向けに解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

openpyxlとは

openpyxlとはExcel操作を簡単に行える外部ライブラリです。

Pandasと一緒に使用される場合もありExcelファイルの読込み、書込み等の操作が容易になる特徴があります。

表作成やチャート作成なども可能なので自動化する際に便利なものです。

openpyxlのインストール

外部ライブラリなので、「openpyxl」を使用する場合はインストールする必要があります。

$ pip install openpyxl

openpyxlを用いた使用例

ワークブックの作成

from openpyxl import Workbook
wb = Workbook()
wb.save('test.xlsx')

openpyxlを操作する場合は必ずWorkbookを指定する必要があります。任意の「.xlsx」ファイルを作成する場合は上記のようにWorkbookを開いて、任意のファイル名で保存するだけです。

任意のシートを作成

from openpyxl import Workbook
wb = Workbook()
ws = wb.active
ws.title = "Title"
wb.save('test.xlsx')

上記のプログラムはTitleというシート名の「test.xlsx」ファイルを作成しているものです。openpyxlの操作ではWorkbookを指定したら、必ず「.active」として指定したWorkbookを操作するという宣言が必要です。

今回は任意のシートを作成したいので「.title」とすることでシートを作成しました。最後にtest.xlsxというファイル名で保存しています。

任意のセルの操作

from openpyxl import Workbook
wb = Workbook()
ws = wb.active
ws.title = "Title"
ws['A1'] = 1
wb.save('test.xlsx')

上記のプログラムはTitleというシートのA1セルに1という数値を入力してtest.xlsxというファイル名で保存しているものです。

セルの操作を行う際はactiveなWorkbookを取得して「ws[‘***’]」とするだけです。

最低限押さえておきたい表現

項目内容
wb=Workbook()ワークブックの取得
ws=wb.activeワークシートの取得
ws.title = “***”ワークシートの名前を指定
wb.create_sheet(“***”,数値)***というワークシートを数値番目に挿入
ws.sheet_properties.tabColor = “***”ワークシートの見出し色(カラーコード)の指定 ex)1072BA
wb.sheetnamesワークシート名の取得
ws[‘***’]wsというワークシートのセルの直接指定 ex)A4,D9
ws.cell(row=***, column=***)wsというワークシートのセルの行列を用いた指定
wb.save(‘***.xlsx’)ワークブックを***という名前で保存
load_workbook(filename =’***.xlsx’)***という既存のファイルの読込み

その他、openpyxlを用いた使用例

項目内容
Pythonにおける基本的なExcel操作リンク先では、PythonにおけるExcelファイルの読込み、書込み方法について解説しています。
「Pandas」を用いた複数のCSVファイルの結合からチャート化までリンク先では、任意のCSVファイル(株価)を読込んでチャート作成する方法について解説しています。
Under construction . . .Under construction . . .

タイトルとURLをコピーしました