【Python入門】Pythonと制御構文-例外処理(try構文)の使用例-

Python

Pythonにはエラー時の処理を条件別に指定する方法(try構文)があります。ここでは、Pythonにおける「例外処理」について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

try構文の型

#try構文の型
try:
 #通常処理
except:
 #error処理
finally:
 #必ず実行したい処理

try、exceptだけでもエラー時の処理を分けることができます。しかし、最後まで必ず実行しなければならない処理があります。そんなときにfinallyを使用します。例えば、fileに値、文字を書き込んでいる最中にエラーになった場合です。必ず最後は閉じる必要があります。

try構文を用いた使用例

#try構文を用いた使用例
file_name = open("test.txt",mode = "w")
try:
 file_name.write("test program.")
finally:
 file_name.close()

上記のプログラムは「test.txt」というファイルに「test program.」と書き込むものです。tryの処理で通常の書き込む処理を行い、finallyで必ずファイルを閉じています。

タイトルとURLをコピーしました