【Python入門】Pythonと関数-ローカル変数とグローバル変数-

Python

ここでは、Pythonにおける関数の変数の取り扱い方法について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変数とは

関数における変数にはルールがあります。Local変数とGlobal変数と使い分ける必要があります。関数内で利用した変数は関数の外では使用できません。

変数についてはこちらを参照してください。

Local変数とは

Local変数とは関数内だけで有効な変数のことを指します。

Local変数を用いた使用例

#Local変数を用いた使用例
def test():
 math = 80
 return math

print("Math=",test())#出力結果は「Math=80」です。

上記のプログラムは、関数内の変数を関数外で出力しているものです。関数内で用いている変数は全てLocal変数と定義されます。

Global変数とは

関数の外で利用する変数をGlobal変数と言います。変数の外で共通で利用できます。

Global変数を用いた使用例

#Global変数を用いた使用例1
math = 80
def test():
 math = 70
test()
print("math=",math)#出力結果は「Math=80」です。

上記のプログラムは関数内を呼び出してmathを出力するものとなっています。関数内の70という値を呼び出すつもりで

#Global変数を用いた使用例2
math = 80
def test():
 global math
 math = 70

test()
print("math=",math)#出力結果は「math=70」です。

Global変数で80と指定した値を関数内で書き換えて、その値を出力するプログラムです。関数内で「global 変数名」と記述して変数を扱うことで関数内でGlobal変数を取り扱えます。

タイトルとURLをコピーしました