【Python応用】「pyinstaller」を用いたプログラムのexe化方法

Python

Pythonで作成したプログラムを誰かに配布したい!ということがあると思います。そんな時、配布先で環境構築からしないと動かない、となったら時間がかかって不便です。

そこで「exe」化することで解決できることが挙げられます。

でも、Pythonのプログラムって簡単に「exe」化できるの?という疑問が出てくると思います。

結論から言うと簡単に作成できます。

ここでは、Pythonで作成したプログラムを簡単に「exe」化できる「pyinstaller」について解説しています。

この記事の対象

  • pythonで作成してプログラムをexe化したい方
  • 「pyinstaller」の使用方法について知りたい方
  • これから作成したプログラムを配布してみたい方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「pyinstaller」とは

pyinstaller」とはpythonで作成されたプログラムを簡単に「exe」化できる外部ライブラリです。

特徴

メリット「exe」化が簡単にできる。
デメリットファイルサイズが大きくなる傾向がある。また、起動時間が遅い。

上記の特徴としてデメリットの方が目につきますが、それでも簡単に「exe」化できるのでおすすめです。

使用方法としては予めpipで「pyinstaller」をインストールしておく必要があります。

「pyinstaller」のインストール

$ pip install pyinstaller

Windows環境でのインストール方法としてpipでインストールできます。

「pyinstaller」を用いた使用例

以下のプログラムをexe化します。内容としては「.png」拡張子のファイル名を連番にするというものになります。

プログラムの詳細についてはこちらを参照下さい。

>>>os.renameを用いたファイル名変更

import os
import glob
import datetime

#1---Parameter
search_path = r"C:\hogehoge\hoge\Downloads"#探すpath
search_file = "\*.png"#拡張子の選択
full_path = search_path + search_file#fullのpath
file_name = "\pict"
ext = ".png"#拡張子の設定
#2---情報取得
get_names = glob.glob(full_path)
#-----取得情報を基にfile名変更-----
for i,name in enumerate(get_names):
    re_name = search_path + file_name + str(i+1) + ext
    os.rename(name,re_name)

プログラムは「 C:\hogehoge\hoge\Downloads 」に「test.py」という名前であるとします。

「pyinstaller」使用方法

$ C:\hogehoge\hoge\Downloads> pyinstaller test.py

「completed successfully」との表示が出れば「pycache」「build」「dist」「test.spec」が作成されています。

completed successfullyの一例

exeファイルは「dist」にあります。

C:\hoge\hoge\Desktop\src\dist\test\test.exe

オプション

–onefile

$ C:\hogehoge\hoge\Downloads> pyinstaller test.py --onefile

「pyinstaller ファイル名 –onefile」とすることで簡単に作成できます。オプションとして「–onefile」を付けているのは関連するファイルを1つにまとめてexeファイルを生成するためです。

–noconsole

$ C:\hogehoge\hoge\Downloads> pyinstaller test.py --noconsole

コンソール(コマンドプロンプト)画面を表示しないです。

–icon=***.ico

$ C:\hogehoge\hoge\Downloads> pyinstaller test.py --icon=***.ico

アイコンを設定したい場合は、「***.ico」を指定することで設定可能です。

タイトルとURLをコピーしました