【Python入門】Pythonと制御構文-for構文の概要-

Python

ここではPythonにおける制御構文における「for構文」の概要について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

for構文の型

#for構文の型
for 変数 in 範囲:
 #処理内容
else:
 #for後の処理内容

「変数」のところに文字通り変数を指定し、「範囲」のところに変数が任意の回数繰り返す範囲を指定します。また、else構文は省略可能です。

for構文を用いた使用例

#for構文を用いた使用例
for i in range(10):
 i = i * 2
 print(i)

上記のプログラムは0~18までの数値を2の倍数で出力します。「i」という変数が0~10までの範囲で「×2」しています。

for構文の応用

項目内容
break構文繰り返し処理を中止する構文です。
continue構文繰り返し処理において、任意の範囲だけ繰り返し処理を実行したい場合に用いる構文です。
IteratorとGeneratorfor構文には、Iterator(イテレータ)とGenerator(ジェネレータ)という側面があります。IteratorとはList型の値を1つずつ取り出す仕組みのことです。GeneratorはIteratorを作成する仕組みのことです。
タイトルとURLをコピーしました