【Python入門】Pythonと関数-関数における引数-

Python

ここでは、Pythonの関数における引数について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関数における引数の型

#関数における引数の型
def 関数名(引数1,引数2=値,引数3=値...):
 #処理内容
 return 戻り値

関数を定義するとき、引数における初期値を設定できます。引数が指定されなかった場合に初期値が使用されます。

関数における引数を用いた使用例

#関数における引数を用いた使用例
def henkan(mm_number,length="inch"):
 if length == "inch":
    result = mm_number * 0.03937
 elif length == "cm":
    result = mm_number / 10
 elif length == "寸":
    result = mm_number * 0.033
 result_out = "{0}mmは{1}{2}です。".format(mm_number,result,length)
 print(result_out)

henkan(2,"inch")
henkan(2,"cm")
henkan(3,"寸")

#出力結果は以下の通りです。
#2mmは0.07874inchです。
#2mmは0.2cmです。
#3mmは0.099寸です。

上記のプログラムは「mm」単位から任意の単位に変換するものです。引数として、任意の数値と単位を指定して、関数の中で単位変換の計算を行い、結果を出力しています。

関数における引数の操作

項目内容
名前を指定した引数関数における引数で、名前を指定した引数を扱う方法について解説しています。
可変長引数関数における引数の数を変える方法について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました