【Python入門】Pythonと制御構文-if構文-

Python

ここではPythonにおける制御構文、「if構文」について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

if構文の型

#if構文の型
if 条件式:
 #真(True)の場合の処理
else:
 #偽(False)の場合の処理

if構文には条件式が必要です。これは「=」「<」「>」「!」の比較演算子を用いることで条件式を記述します。

比較演算子

演算子内容
x == yxとyが等しい
x != yxとyが等しくない
x > yxがyより大きい
x >= yxがyと等しいかそれ以上
x < yxがyより小さい
x <= yxがyと等しいかそれ以下

if構文の使用例

#if構文の使用例
a = int(input("2を入力して下さい。"))
if a == 2:
 print("2です。")
else:
 print("違います。")

「2」を入力すると条件式に当てはまり、「2です。」と出力されます。それ以外の数値を入力すると「違います。」と出力されます。

if構文の単文での使用例

#if構文の単文での使用例
a = int(input("2を入力して下さい。"))
if a == 2:
 print("2です。")

if構文において、真のときだけ処理を行いたいときは、else構文を省略できます。例えば上記の場合、2以外を入力したらプログラムが終了するだけです。

タイトルとURLをコピーしました